バイク便を使った犯罪に注意!

バイク便を使ったオレオレ詐欺にご注意ください!

※実在するバイク便を使うケース

・実際にバイク便を派遣 被害者には「書類と言って渡してくれ」などと言う
・私書箱等に届けさせる
・途中でセンター等に連絡を入れ届け先を変更、路上、駐車場、駅前で受け取る

※架空のバイク便を装うケース

・「××急便××支店の××が取りに行くから渡してくれ」などと言う
・偽物のバイク便が現れ、現金を受け取っていく

“会社で損失を出した”等で多額の現金が必要となった。急ぎで必要なのでバイク便を向かわせるから配達員に現金を渡して欲しい。中身が分からないようにして、聞かれても現金だという事は隠してくれ。”

このような連絡を受けた場合は

絶対に現金を用意せず、警察へ通報してください!

バイク便や宅急便(宅配便)を向かわせて現金を騙し取る詐欺が多発しています。


株式会社アクティブの取り組み

1.お客様との通話はサービス品質向上の為もあり、基本的に内容を録音しています。

犯罪防止の観点から、受注センターでの会話は録音しております。犯罪に使用された形跡が関係当局により確認され、要請があった場合は該当する通話記録を開示致します。

2.携帯番号でのお客様登録は基本的に承れません

新規のお客様(日々弊社のサービスをご利用頂いているお客様以外)において、携帯電話のみのご登録は基本的に承れません。携帯番号しかお持ちでないお客様の場合は、事前に身分証明書等をFAXにて弊社へお送り頂き、ご本人様へ繋がる番号であることを確認した上でお受け致します。但し、初回の集配内容は必ずご本人様に直接お会いし、お届先様へ直接手渡しをする場合のみに限らせて頂きます(私設私書箱等からの集荷、または配達は承れません)。

3.新規のお客様で路上の待ち合わせ集配等は承れません

新規のお客様(日々弊社のサービスをご利用頂いているお客様以外)において、道路上での待ち合わせ集配等はお断りしております。

4.集配内容によって関係当局へ通報する場合がございます

オーダー時にお伝え頂いた電話番号が架空のものであったり、集配状況に不審な点や過去にバイク便業界で詐欺事件として通知のあった内容と酷似したケースが認められた場合、関係当局へ通報する場合がございます。関係当局からお荷物の出発先様へ連絡が入る可能性がございます。

上記を警視庁大崎警察署 刑事組織犯罪対策課の指導の下に行います。

お客様の“こんな事は、出来るの?”をカタチにしたい!